うだつ

Udatsu roofing in Mino-city in Gifu prefecture

Originally as fire wall then more for ornamental purpose

To be translated into English [本来、町屋が隣り合い連続して建てられている場合に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたものだが、江戸時代中期頃になると装飾的な意味に重きが置かれるようになる。自己の財力を誇示するための手段として、上方を中心に商家の屋根上には競って立派なうだつが上げられた。今日うだつのある街並みは少なくなっているが、徳島県美馬市脇町南町徳島県つるぎ町貞光、岐阜県美濃市美濃町などでは、うだつを地域の象徴的な存在としてその保存に努めている。]

関連記事

  1. 門司港レトロ

  2. 高山陣屋

  3. 旧北海道庁舎

  4. 国宝旧開智学校校舎

    https://visitmatsumoto.com/spot/ka…

最近の記事

PAGE TOP